デリヘルはネットを上手に使い楽しもう

 最近のデリヘルは、かなり水準が高くなった。ラブホテルを使うこともあり、ソープ並みのサービスをするところも表れたのだ。東京のデリヘルの一般的な料金は、一番多い価格帯が70分から90分の時間で20000円程度である。30分5000円、1時間7000円などと言う格安のお店もあるが、90分で20000円くらいが、外れのないお店選びだ。中には高級店も有り、VIP相手の現役○○のような人が、ソープ並みのサーブスをするお店もある。

 低価格店では、深夜帯の最終価格やネット割引などを実施しているので、スマホを上手に使うと安く遊ぶことができる。最近はネット予約が2日前から出来る所もあり、この場合は最初からお客さんが入っているので、お店も楽なので、安くなるのだ。

 東京のデリヘルの場合、女性の時間は夕方から夜のラストまでが多く、週2~3日の勤務が多いようだ。デリヘルが専業でない素人と選びたいのなら、多くは週1日のその時間に予約を入れなければならない。また、人妻がお好みなら開店時間の11時から午後4時くらいまでの午後の時間が狙い目だ。ネットで時間を確かめ、楽しい時間を過ごしていただきたい。

ネット予約は割引になる

 最近はネットの発達で、チラシが画像や映像に変わり、お店のサイトを見ると、どんな女性が在籍しているか一目でわかるようになった。以前はPCを使わないとケータイ画面で、小さくて分かりにくかったが、画面の大きなスマホが増えてきたことから、ケータイ端末でお店の情報を見る人が圧倒的に多くなった。

 当然、東京のデリヘルでもネット予約が増えてきた。2日前までに予約すれば割引になるので、移動中にアクセスする人も多い。これは若い世代に限った事ではなく、中年世代もケータイ端末に慣れた人が多くなってきたことから、更に需要は増えていくだろう。

 ネットで調べると、好みの女性の得意なプレーがすぐに分かる。定番になっているプレーにどんなオプションが可能か直ぐに分かるのだ。顔射やごっくん、アナルファックや放尿などはNGという女性が多いので、希望のプレーがあるお客は、この辺りをサイトで確かめるのだ。中にはフィストやアナルフィストの出来る女性が居ることを売りにしているお店もあるので、サイトを良く調べると面白い。

関連情報:デリヘルのプレー内容は事前に確認すること

特殊なサービスにも応じる女性がいる

 東京のデリヘルは、非日常を楽しむコスプレが出来るのも特徴だ。看護師やキャビンアテンダント、OLのユニホーム、セーラー服、スクール水着など、お客の要望に応えられるように予約時に指定しておけばホテルで着替えてくれる。セーラー服の少女にいたずらするのは男性の夢であり、スクール水着に涎を垂らす中年男性も多いのだ。

 女性の定番サービスは、ディープキスから始まり、全身リップ、乳首舐め、玉舐め、パイズリ、フェラ、69、スマタ、口内発射、指入れなどだ。中にはソフトSMやアナル舐めをしてくれる女性もいるが、このほかは有料のオプションで、3P、アナルファック、顔射、クスコ、放尿、性液の嚥下などがOKと言う人もいる。

 このほかにも電マ、ローター、バイブなどが有料オプションに入っている。オプションについてはNGの女性もいるので、予約時に確認する方がいい。お店によっては、フィストやアナルフィストが出来る専門店、妊婦と出来る専門店もあるので、特別な趣味のある方はネットで良く調べてみると、たくさんのサービスがある。

関連情報:デリヘルSMは設備が必要だ

ニューハーフやSMも人気に

 東京のデリヘルでは、最近の流行は人妻・熟女系だ。これまであまり注目されていなかったが、中年以降男性や草食系男子にとても人気がある。優しい姉さんタイプの女性に若者の人気が集まっている。また中年以降の人にとっては、あまり若い人では馴染めない人も多く、歳の近い熟女が選ばれるようだ。

 また、SM系は池袋、六本木、五反田などがメッカで、女王様に調教してもらいたいM男性にとっては聖地になっている。SMの場合は、お客が先にホテルへ入ってシャワーを浴び、用意をして女王様の到着を待つのがパターンだ。その場合、全裸で正座をして待っていないと女王様のご機嫌が悪くなる。ただ、わざとお仕置きを受けるために粗相をするM男性もいるので、マニアの性癖は奥が深い。

 東京のデリヘルの中でも異色なのが、ニューハーフヘルスだ。身体はペニスが付いている以外は全く女性と同じ感覚で楽しめる。今は殆んどデリヘルだが、専用のマンションの部屋を所有しているお店もある。特徴は、アナルファックが出来ることで、お客がアナルファックをしてもらう逆アナルを希望する事も最近は多い。

特徴のあるジャンルが街に集まる

 東京のデリヘルは、都心のターミナル駅近くのラブホテル街に事務所を置いていることが多い。特に渋谷は道玄坂や円山町を中心に70件以上のホテルがあるので、このホテル街でデリヘルの仕事をする女性は多い。最近はネット検索でお店を探し、女性のプロフィールを調べて事前予約をする人が多くなった。そして、電話でホテルを確認、お客が先に指定のホテルに入り、そこに女性が派遣されていくというスタイルだ。

 東京でデリヘルの多い場所は、渋谷のほか、ニューハーフ系を始め、何でもありの新宿、池袋はSM系に定評がある。六本木は性感系やSM系などもあるが、デリヘルの高級店も多く、VIP専用の会員制のクラブもある。また、熟女や人妻系なら錦糸町もファンの多いターミナル駅だ。このほかにもマニアには定評のある大塚や日暮里、最近は性感系で人気スポットになっている五反田、品川も人気の出てきた場所だ。

 このほかにも立川、八王子、府中、吉祥寺などもデリへルのシステムが出来て以来、派遣ならではの利点を生かし、人気スポットの一つになっている。